高校生

ホーム高校生

ここから本文です。

「現役合格システム」が、充実の高校生活をサポートします。

対面授業を軸に映像教材・自習室・講師による質問対応で、高校生のライフスタイルに合わせた受講スタイルを選ぶことができます。教科ごとに集団授業・個別授業の選択が可能です。現役合格システムでみなさんをサポートします。

集団授業(ライブ授業)

現役合格

市田塾のライブ授業は高校3年間で大学受験合格を可能にします。基本事項の学習から、合格に必要な学習内容を網羅したカリキュラムで、現役合格を勝ち取ります。

予習不要の授業

新出事項を勉強する授業においては、予習不要です。特に1年生は授業自体が学校の予習になるように組み立てられています。高校生活の負担を軽減し部活と受験勉強の両立を可能にします。

少人数クラス

市田塾では責任をもって指導を行うため、1クラスの生徒数に定員を設けています。現役合格を目指す高校生の一人ひとり丁寧に指導するために、最大25名程度での運営になります。

充実の添削指導

高校3年生では通常の演習に加え添削課題も行います。英語では英文和訳・英作文、数学では記述式問題を中心に添削指導を行います。これで国公立大2次試験の対策も万全です。

詳しく見る

映像授業

部活が忙しくても大丈夫

自分の好きな時間に受講できるので、部活などがあっても苦労せずに学習できます。また、テスト前など部活がない時期に繰り返し学習して、内容を完全に理解することができます。

速習や繰り返し視聴可能

分からない所だけをピックアップして視聴する演習受講も可能。これまでの遅れを取り戻すことができます。わからないところは繰り返し視聴することも可能です。

質問があっても大丈夫

WEB授業で心配なのは万が一、理解しづらいところが出てきた時。チューターがいつでも待機しているので、難しい単元であってもバッチリ理解できます。

詳しく見る

自習室・質疑応答・学習サポート

Studyplusによる学習進捗管理

学習管理アプリ「Studyplus」を活用し、生徒一人ひとりの学習を記録。テキストごとの勉強時間や自習室の滞在時聞を把握し、学習の全体像を見える化。それをもとにチューターが面談を通して、学習計画・教科バランスのアドバイスを行います。家での勉強時間も含めて学習全体をマネジメントします。

いつでも使える自習室

個別に仕切られたブースで集中して勉強に取り組むことができます。塾の授業内容だけでなく、学校の内容などわからないところは何度でもチューターに気軽に質問できます。

マーク模試で到達度を確認

学習には定着度を測る指標が必要です。市田塾では高2の12月から毎月、マーク形式模試を実施します(無料)。成績表では成績の推移が確認でき、以降の学習の指針に役立てます。

詳しく見る

合格者体験記

講師やチューターの存在、仲間と高め合う環境が京大合格へ導いた

私は高校1,2年生の時には部活動もあり、勉強時間があまり確保できていなかったのですが、定期テストで良い結果を出せるように復習を中心とした勉強をしていました。授業と予習を大事にして定期テストの対策のために身に付けたことは、受験勉強を始めてからも非常に役立ちました。

高校2年生の2月に部活動を引退し本格的に受験を意識して勉強し始めました。それまでは勉強時間を安定して取れておらず、初めは勉強の習慣をつけるのに苦労しましたが、塾の自習室を利用することで安定した勉強習慣を確保することができました。

高校3年生の1学期には、基礎を徹底的に復習することと学校で未履修の範囲を一通り自分で勉強することに集中しました。特に英単語や化学の無機の範囲などの主に暗記が必要なところを中心に勉強しました。また、夏休みには8月の大学別模試に向けて計画を立てて発展的な問題に取り組みました。

計画を立てる時にはその計画で大丈夫かと不安になることがよくありましたが、塾のチューターや先生に相談しアドバイスをしてもらうことができたので、落ち着いて計画に基づいた勉強ができました。また、塾のライブ授業で自分に近いレベルの友人たちと競いあい高めあうことができる環境があったことも、モチベーションを保って勉強に集中できた理由の1つだと思います。

高校生のみなさんには、高い目標をもって勉強に励んでほしいです。諦めず勉強していれば高い目標も必ず達成できるので、前向きに頑張ってください。また、一緒に勉強する仲間を作ってください。競いあったり励ましあったりする仲間がいると心に余裕ができます。良い仲間と共に目標に向かって頑張ってください。

畝傍高校 森田 大夢
合格校:京都大学 工学部

チューターや先生に相談しやすく、効率的な学習ができた

私は高校1・2年生の時、定期テストで良い点を取るために学校と塾の授業を大切にして、予習復習をしっかりやるように心がけていました。本格的に受験を意識したのは高校2年生の12月でしたが、1年生の時から塾の授業で先取りした勉強をすることができていたので受験生になってからの勉強が大幅に楽になったと思います。

塾の授業では入試問題に沿った勉強をすることができ、特に化学の授業などではよく入試に出題される単元にしぼって授業をしてもらったので模試や問題演習で高得点を取りやすくなり、自分の力がついていくことを実感しながら勉強をすることができました。また市田塾はチューターや先生に相談しやすい環境にあったため自主学習と学校や塾の授業のバランスが取りやすく、より効率的な学習ができたと思います。

高校3年生の夏休みはセンター形式の問題で目標点を達成することを目指して、毎日12時間ほど塾の自習室だけでなく家での学習も大事にしていました。この時、塾の自習室が開く時間にちゃんと間に合うように早起きを心がけて生活リズムを整えていたことが後の受験生生活に役立ったと思います。もちろん受験期に長時間勉強しているとストレスがたまることもありましたが、そういう時は思い切って休む時間を作り、次の日に切り替えて勉強に取り組むようにしました。

高校生の皆さんへのアドバイスとしては、勉強をしたらした分だけ結果につながるということです。勉強を続けているとつらいと感じることもありましたが仲間と支え合って勉強を続けてこれたと思います。皆さんも継続することを大切に悔いのない高校生活を過ごしてください。

畝傍高校 松村 徹平
合格校:大阪大学 基礎工学部、同志社大学 理工学部、関西大学 化学生命工学部

塾での基礎固めとチューターと相談しながらの地道な学習で見事合格へ

高校1、2年生の時は、基本的に英数は毎日触れるようにして、定期テストでは全教科良い点数を取れるように勉強をしていました。また塾での単語テストや英文解釈の宿題で基礎が固められ、3年生になってからの勉強がスムーズにでき、周りとの差を感じることが出来ました。

3年生になってから、チューターと勉強内容を相談しながら塾が開いている時間はずっと自習室を利用して勉強を本格的に始めました。苦手な数学は易しめの問題集を2周し、基礎から総復習しました。また、地歴や公民は学校の授業進度では遅いので、夏休みが終わるまでに自分で一通り知識を入れておくと、2学期から演習に入ることが出来たので良かったと思います。2学期からは朝7時半に学校の進路室に行き、勉強してから教室で授業を受けるという生活を始めました。入試は朝から頭を動かさないといけないので、この習慣が後々とても役に立ちました。またやり直しや間違えたことを各教科ノートにまとめておくこともオススメします。

高校生の皆さんには各教科バランスよく勉強することを心がけてほしいです。得意な教科で失敗しても、苦手な教科が思わぬところで助けてくれるかもしれません。受験生としての期間は長く大変なこともあると思いますが、友達や先生、チューターとともに頑張ってください。

畝傍高校 葛井 遥
合格校:大阪市立大学 商学部、同志社大学 経済学部 政策学部、関西学院大学 商学部、関西大学 商学部

無料体験授業 実施中!

ライブ授業、WEB授業のいずれか1回、無料で受講していただけます。(新高1~高3のみ)
ご希望の方は、以下よりお申し込みください。

入塾・体験授業のお申し込み

新入塾生募集中!お気軽にお問い合わせ・お申し込みください!!

このページの先頭へ