講師紹介

ホーム市田塾について講師紹介東平 和樹

ここから本文です。

八木校

東平 和樹

ひがしひら かずき

PROFILE小4、小5(公立)、小6(公立)、中1、中2、中3の数学と算数を教えています。
また、中2学年主任と教務部(教材管理、教材発注など)も担当しています。

INTERVIEW

市田塾との出会い

講師を始めた年

2009年です。

なぜ講師の仕事を始めたか

勉強を教えることが好きだからです。子どもの頃から、よく友達に勉強を教えていました。

市田塾と出会ったきっかけ

合同企業説明会です。声をかけていただいたのですが、そのときの先生が「仕事をつらいと思ったことがない」と笑顔でおっしゃっていたので、興味を持ちました。

指導について

指導の際に大切にしていること

「教えすぎず、自分で考えさせる」。自分で考えないと解けない問題が、大学入試では特に多いです。高校入試はパターンの詰め込みで乗り切れても、その先の大学入試ではそうはいかないものです。高校での勉強を見据えて、今のうちから、自分で考える習慣をつけることを大切にしています。

やりがいを感じるとき

やはり、生徒の成績が上がったときです。また、生徒が志望校に合格したときです。

指導で難しいこと

自分の取り組みの意図や本質を、生徒にうまく伝えることです。子どもに理解してもらえるような伝え方を、日々考えています。

「指導が難しい!」そんなときは

辛抱強く何度も声をかけたり、言い方を変えたりします。それでも難しい場合は、他の先生と相談して考えるようにしています。

自慢できること

中3学年主任のとき、公立高校の全員合格を達成したことです。当時の周りの先生方には、本当に感謝しています。

今後の目標

まずは、お預かりしている生徒の学力を引き続き伸ばしていくことです。全員合格を目指して頑張ります。

プライベートのこと

趣味、休みの過ごし方

グルメです。休日は、美味しい料理が出る店を求めて、近畿を歩き回ります。

好きな食べ物

カレーライスです。大阪にある「マドラスカレー」は絶品です。

自慢できるところ

声が大きいところです。本気を出せば、すごくよく通ります。

短所だと思うこと

運動がとにかくできないことです。球技は特に苦手で、狙われるだけのドッジボールは本当に嫌いです。

市田塾について

市田塾が他の塾より勝っていると思うところ

面倒見の良さです。生徒がわかるまで、とことん向き合う先生ばかりです。

これから入塾される生徒・保護者の方へのメッセージ

市田塾は、教育をシステマチックに行うのではありません。常に生徒を“直接”見て、その生徒に適した教育や進路先を考えます。よければ一度、市田塾を覗いてみてください。

新入塾生募集中!お気軽にお問い合わせ・お申し込みください!!

このページの先頭へ