ichidas WEB

ホームichidas WEB中学入試情報

ここから本文です。

入試情報最前線

ISJ本部 實森

中学入試情報

中学入試をふりかえって

 2021年度の中学入試は、やはりコロナによる影響を大きく受けました。例えば、最難関校である灘中学校は、例年全国から多数の受験者を集めていますが、2021年度はその数が大幅に減少しました。また、国立の大阪教育大附属天王寺中学校は実技教科を削除することで、例年二日間に分けて行っている入試を、近畿圏統一入試解禁日(1/16)のみの入試に変更しました。出願や合格発表、入学手続きに関しても、ほとんどの学校でパソコンやスマホによるオンライン形式が採用されています。
 中学受験では、ほとんどの学校が教科学力試験による合否判定を行っています。しかし、最近の傾向として、学力以外の要素を選抜基準とする入試も浸透し始めています。その例として挙げられるのが、「自己推薦型入試」「適性検査型入試」「思考力型入試」などです。現在進められている大学入試改革を踏まえ、これらの入試を導入する学校が増えています。また、入試科目に「英語」を選択できる学校や英検などの所有資格に応じて、入学試験の点数に加点する学校も増えています。これは、2020年度の小学校における外国語教科化と大学入試改革における英語四技能評価(聞く・話す・読む・書く)の導入が背景にあると言えます。
 2022年度の近畿圏統一入試解禁日は1/15(土)が予定されており、その募集要項は7~9月にかけて多くの学校のホームページなどで公開されます。保護者の皆様におかれましては最新の情報に注意を払いつつ、受験や進学を考えている学校の説明会に積極的に参加していただけたらと思います。
 以下に、2021年度の奈良県主要国私立中学校の入試結果【表1】および募集要項変更点【表2】をまとめておきますので、ご参考にしてください。

【表1】 2021年度 奈良県主要国私立中学校の入試結果

 

【表2】 2021年度 奈良県主要国私立中学校の募集要項変更点

一覧

新入塾生募集中!お気軽にお問い合わせ・お申し込みください!!

このページの先頭へ