ichidas WEB

ホームichidas WEB2021年度中学入試

ここから本文です。

入試情報最前線

ISJ本部 實森

2021年度中学入試

統一解禁日は1月16日(土)!

 例年、統一解禁日から3日間に多くの学校の受験が集中します。また、複数の受験機会を設けたり、午後入試を導入したりすることも定番化してきました。(午後入試は2020年度、近畿圏の私学で6割近くの学校が実施。)多くの受験生は1週間以内で入試から発表までの日程を終えます。なかには、1日で2つの学校を受験したり、入試当日の夜に発表があって、1日で受験が終わったりする、非常に過密な日程になっています。そのため、学校選択、特に第一志望校の選択と併願パターンの作成がかなり重要になってきます。
 各中学校の募集要項は夏休み前後に発表されることが多いですが、現時点ですでに発表されていて、昨年度から変更があった主な学校の変更点を紹介しておきます。中学受験は生徒確保のため毎年募集要項に微調整をかける学校が多いです。しっかりと情報をつかんで合格を勝ち取れるようにしましょう。

 上記のように中学受験では、募集人員、募集コース、複数日程、午後入試、受験科目、配点など、重要項目が多岐にわたり、かなり細かな情報が必要になってきます。特に今年度は県内難関中学の帝塚山と奈良学園で大きな変更があり、どの日程に受験生が多く集まるか読みづらいところがあります。そもそもこの2校も大阪の四天王寺が事前に募集要項を変更したことによる影響を考えて、募集要項の調整をしたと考えられます。 受験をするのは生徒本人ですが、それに至るまでの併願パターンの作成や移動手段の確保など、保護者が中心となって考えないといけないことがたくさんあります。中学受験の情報には常に気を配り、早め早めの対応が必要です。市田塾では例年秋の保護者会で主要中学校の募集要項をまとめたものや併願パターンの参考例をお渡ししています。そちらも参考にしていただいて、万全の状態で受験当日を迎えていただきたいと思います。

一覧

新入塾生募集中!お気軽にお問い合わせ・お申し込みください!!

このページの先頭へ